タッフブログ

スタッフより耳寄りな情報をお届けします。

2022.05.19

ウッドデッキで暮らしをもっと楽しく!おうちにデッキ空間を作ってみませんか?

こんにちは!岐阜県で住まいのリフォームやリノベーション、お家の外構、エクステリアをワンストップでお手伝いしているリフォームガーデン ヤマガタヤです。
外で過ごすのが気持ち良い5月。天気がいい日にデッキで朝ごはんを食べたり、午後のティータイムを楽しんだり。そんな優雅な時間、憧れますよね!
これから夏が始まれば、ウッドデッキ空間はBBQスペースとしても大活躍。
今日は、エクステリア工事の中でも、夏に向けて人気が高まるウッドデッキについて、プロがプラン時のアドバイスや、おすすめウッドデッキシリーズをご紹介いたします。

■ウッドデッキサイズはどのくらいが良い?

★ウッドデッキでプール遊び

ウッドデッキを作る際には、どんな使い方をしたいかによってサイズを決めていきましょう。
例えば、夏に子ども用のプールを出して遊べるようにしたいなら、ウッドデッキの奥行き(出幅)は2mほど欲しいところ。

BBQなどホームパーティーをしたい、とご相談くださるお客様には、奥行き3.5mほどのサイズでご提案することが多いです。
ちなみに、だいたいリビングに接してウッドデッキを作る場合。リビングの掃き出し窓の間口は2.7〜3.6mが一般的です。

■お庭とつながる空間にするなら「ステップ」をつけてみるのも◎

デッキ空間から庭にさっと出られるようにしたいなら、ウッドデッキにステップをつけると便利です。
下の段(1段目)を広くすれば、見た目も高級感がありより広さを感じるデザインになります。

■高級感抜群!リクシル「デッキDS」

画像出典:LIXIL公式サイト https://www.lixil.co.jp/lineup/gardenspace/deck_ds/

最近発売されているウッドデッキの中でも、デザイン性を重視したい方におすすめなのがリクシルの「デッキDS」シリーズです。
このウッドデッキ素材、樹脂製でメンテナンスがラクでありながら、見た目も手触りもまるで本物の木のよう!
表面を2回に分けて削るなどして、天然木ならではの質感を再現しています。

ちょっぴりお値段がするシリーズではありますが、「おしゃれなウッドデッキ空間が欲しい!」という方は、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか?

TVCMはこちら

建築業一筋、創業100周年 岐阜でリフォームをするならヤマガタヤ

メールでのお問い合わせはこちら >

LINEでの相談はこちら

メールでのお問い合わせ
オンライン相談はこちら