タッフブログ

スタッフより耳寄りな情報をお届けします。

2022.08.09

家事動線を戸建リフォームで解決するには?おすすめプランをご紹介

こんにちは!岐阜県で住まいのリフォームやリノベーション、お家の外構、エクステリアをワンストップでお手伝いしているリフォームガーデン ヤマガタヤです。
長年暮らしたマイホーム。生活する中で感じていたちょっとした不満や不便、家事のしにくさをリフォームで解消してみませんか?
今日は家事動線をより良くする、戸建リフォームに関するお話です。
家事動線とは、毎日の家事をよりスムーズに行えるように考えた動線設計。
リフォームガーデン ヤマガタヤのスタッフが、どんな点に気をつけると良いか、リフォームのアドバイスをお届けします!

 

■家事ラク動線のポイントはぐるぐる歩き回れること

家事のしやすい間取りをリフォームで作る際に、ぜひ意識していただきたいのが「ぐるぐる歩き回れる」かどうかです。
例えば、キッチンの場合。
キッチンの作業スペースに左右どちらからも入れるアイランドタイプは、ぐるぐる歩き回れる(=回遊性が高い)ため、キッチンに入りやすく、キッチンからダイニングなどへと移動するときの動線も短くなります。また、冷蔵庫に何か取りに行きたいときも、他の人がキッチンに居ても「どいて~!」が減りますよ。

アイランドキッチンの場合、キッチンとダイニングを横並びにすることで、食事を配膳する際にも、また食後のお片付けも、横移動で済むのでとてもラクラク。お部屋の動線は、こんなふうに少しだけ気をつけるだけでとても生活がしやすくなるのです。
そして、家族や友人とみんなで会話を楽しみながら料理することができるのも魅力です。

とはいえ、キッチンをアイランドタイプにするにはどうしてもお部屋の広さが必要になります。
そのため、実際にリフォームをする際には、使いやすい通路幅が確保できるかなどを考えて、アイランドタイプが良いのか、それとも片側を壁につけたペニンシュラタイプや対面カウンタータイプがいいのかなどを、お打ち合わせで決めていくこととなります。

■家事がしやすい動線の王道は「キッチン・お風呂・脱衣場」を近づけること

また、家事がしやすい間取りにするためには、キッチンからお風呂・洗面脱衣室などへの移動しやすさも考えてみると良いでしょう。
朝の忙しい時間帯、同時にお洗濯と料理を並行してしたいという方は特に大切な家事ラク間取りのポイントです。

写真のお客様宅では、リフォームに合わせてお風呂や洗面脱衣などの水回りをキッチン横に移動。
リビングからのアクセスしやすさはもちろんのこと、キッチンからお風呂やトイレに行く際にも、最短距離で移動できるような間取りになりました。

戸建リフォームでもこんなふうに間取りの変更もできますから、暮らしの中で感じている不満や不便なポイントをぜひ気軽にご相談ください。
解決策を一緒に考え、ご提案させていただきます!

TVCMはこちら

建築業一筋、創業100周年 岐阜でリフォームをするならヤマガタヤ

メールでのお問い合わせはこちら >

LINEでの相談はこちら

メールでのお問い合わせ
オンライン相談はこちら