よくある質問

  • リフォームについて
  • 新築住宅について
  • エコキュートについて
  • 太陽光発電について

リフォームに関するよくある質問

Q1生活しながらリフォームできますか?
生活しながらでも施工は可能です!
一時的に断水や停電、ほこりが発生しますが、生活には支障ありません。
設備に関しては、ご使用いただけない期間はありますが、仮設キッチン、浴室、トイレも用意できます。(有償)
(リフォームの内容. 期間に応じて職人用の仮設トイレは設置致します。)
Q2仕事をしていて不在が多いのですが、工事できますか? また、どんな職人さんが来ますか?
お客様の了解を頂ければ、不在中の工事も可能です!
鍵をお預かりして工事する事はあります。専属の職人ばかりですので、安心してお出かけ下さい。
Q3工事前や工事中に私達(施主様)が、やらなければならない事は何ですか?
特別な事は何もありません!
工事前にお客様にお願いしたい事は、住宅設備内のインテリア小物の片付けです。
大きな家具・家電は、当方にて移動します。
工事の進め方などは、事前にご説明させていただきますので、不安な事は何でもご相談下さい。
また、お茶・お菓子など、お心付けは一切お断り申し上げております。
Q4大型のゴミやいらない物は処分してくれますか?
基本的には処分費をいただいております!
処分できる物、出来ない物については事前にご相談下さい。
Q5ご近所の挨拶はどうしたらいいですか? 工事車両の駐車スペースが無いのですが・・?
工事前にお客様とご相談の上、ご挨拶させていただきます。
また、工事車両の駐車は、ご近所に迷惑にならない様、配慮いたします。(状況によりご相談)
Q6契約から着工までの打合せは、どのくらい期間が必要ですか?
工事内容にもよりますが、1ヵ月~3ヶ月が多いです! 設備の入替ならば、1週間~。
契約後に商品を発注します。商品によって入荷する期間が異なりますので、担当者にご確認下さい。
Q7着工後の仕様変更は可能ですか?
基本的には可能です!
ただし、発注済み商品は不可能な場合が多いです。できるだけ早めに担当者に打合せ下さい。
Q8リファインショップはパナソニック商品しか扱わないのですか?
パナソニック商品以外も、取り扱っています。
主にパナソニック商品を扱いますが、他のメーカーも取り扱っています。
工事内容、ご要望に応じて適した商品をご提案させていただきます。

新築住宅に関するよくある質問

家を建てたいとき、何からはじめればいいですか?
まず、マイホームのための総額予算を検討することをお勧めします。
総額とは、土地の代金・土地の購入諸経費、建物の代金・付帯工事の代金、建物の諸経費、新生活のための準備金(引越し費用、建て替えの場合は仮住まい費用、家電・家具・カーテンの新調など)が含まれます。
問い合わせをしたり、見学会に行くと、強引な営業が心配なのですが...。
マイホームについて真剣にいろいろと考えていらっしゃるのであれば、お客様から積極的に聞きたいこと、確認したいことを切り出してください。そうすれば、どの住宅会社の方も必要となる情報を中心にお話ししてくれると思います。モデルハウス等にいらっしゃったお客様が「見るだけ」という状況ですと、営業マンによってはかえって一生懸命声掛けをしてしまいやすいですね。
本当は営業マンもお客様と上手にコミュニケーションをとりたいと思っていますので、なんでも質問していただけると、逆に強引でない気持ちよい住宅見学の場になると思います。ちなみに私たちリファインぎふは、ご質問がなければほとんど「世間話?」みたいになっています。よいか悪いかわかりませんが、気軽にご覧いただけます。
注文住宅の相談をしたいのですが、どの時点から有料になりますか?
お客様のご要望を伺いながら、参考プラン作成と概算試算を行い、予算との照らし合わせの段階では費用はいただきません。ご提案は何度でもさせていただいています。
提案の結果、私どもと「家作りをしよう」とお気持ちを固めていただいた時点で「設計企画依頼」という書面にてお互いの意思・条件を確認します。それ以降条件に沿った料金が発生いたします。
施工可能なエリアは?
岐阜・愛知が主な範囲ですが、事情、条件に応じて承ることも可能ですのでお気軽にご相談ください。
住みたい地域があるのですが、土地探しからお願いできますか?
はい。よろこんでお探しいたします。ご予算、希望エリア、なぜその条件なのかなどお聞かせください。お客様にお勧めできる物件を随時探してまいります。
条件の合うお客様が重なれば、大きな土地を分割してご提供することも検討しながら情報収集していますので、他ではないご提案も可能になります。
どのような工法で建てられますか?
木造住宅を中心に、木造軸組み工法(在来工法)、木造軸組み工法(金物工法)、木造枠組み壁工法(2×4工法)、テクノストラクチャーでのご提案が可能です。
ご希望の工法がございましたら、可能な限りご相談に応じていますのでお気軽にお申し出ください。
工期はどの程度必要ですか?
プランニングで1ヶ月、設計期間で1ヶ月、標準的な工事で4ヶ月が目安と考えてください。
土地探しからですと、3ヶ月程度プラスが目安になります。
自己資金が少ないのですが、融資相談もしてもらえるのですか?
はい。喜んで承ります。自己資金がないケースでもたくさんの方がマイホームを実現していますので、まずはシュミレーションを一緒にすることをお勧めしています。
建築費以外の必要な費用にはどんなものがありますか?
権利登記のための登記費用、住宅融資のための融資手数料、水道などの負担金、外構工事費用、照明器具・カーテン、空調設備、土地購入費・仲介手数料などです。条件等によって異なりますので詳しくはご相談ください。
つけたいキッチンや設備を指定することは可能ですか?
ご要望があれば承ります。コストに影響しやすいので、私どもがお勧めする設備と照らし合わせて、お客様の予算の中でベストな設備を選択していただけます。
シックハウス対策はどんなことをしていますか?
☆☆☆☆クラスの認定品使用やゼロホルマリンはもちろんのこと、空気環境を快適にするための空調提案や温度環境を快適にするための提案など、お客様の暮らしの重要度に応じてご提案しています。お客様が実現したいスペックをきちんと実現するのはもちろんのこと、それ以上のご提案をさせていただいています。
住宅の品質検査はどうなっていますか?
行政機関の基本的な検査、自主検査、保険機関の検査などの検査を経てお客様に満足いただけるものを目指しています。
住宅の保証はどのようになっていますか?
基本構造部分に関して10年。経年変化の伴うその他の部分に関しては2年の保証とさせていただいています。 また、ハウスプラス保険に加入し、第三者での保証を備えています。くわしくはお問い合わせくださいませ。

エコキュートに関するよくある質問

各パックプランについてのQ&A

Q1本当にこれ以上の金額は必要ないのですか?
はい、必要ございません。各パックプランには対象機器設置に必要な標準工事が含まれております。
※特異な環境の場合例外もありますのでご了承ください。
Q2不要な工事がある場合は差し引いてくれるのですか?
はい、もちろん差し引かせていただきます。
例えば、タンクを設置する部分の基礎が既存のもので設置可能な場合は、土台基礎工事分を差し引かせていただきます。
※特異な環境の場合例外もありますのでご了承ください。

工事内容についてのQ&A

Q3エコキュート取付工事とは?
以下の工事になります。
  • エコキュート本体設置
  • エコキュート専用漏電ブレーカー取付工事(ブレーカーボックス付)※1
  • エコキュート電気配線工事
  • アース配線工事
  • 浴室リモコン取付工事/台所リモコン取付工事(台所以外でも可能です)/リモコン配線工事※2
  • 水道工事(給水給湯配管)
  • 追炊配管切替接続工事(既設の切替工事です・取替工事ではありません)
※1仮にブレーカーに空きがなくても、ブレーカー新設まで行いますのでご心配いりません。
※2リモコン配線は、露出になる場合もあります。
Q4土台基礎工事とは?
エコキュートの給湯タンクを設置する際「土台基礎工事」を行います。
Q5既設、給湯器処分の費用とは?
お客様のお宅で従来使用していたガス給湯器や石油給湯器の産業廃棄物としての処理費用となります。
屋根についている太陽熱温水器は、作業が他の物に比べ困難なため割高となります。(要相談)
Q6お風呂循環アダプタ新規取り付け工事とは?(給湯専用タイプ以外)
今までお使いの浴槽に、給湯用もしくは多機能用の穴が開いていない場合、穴を開け新規アダプタを取り付ける工事です。
家の構造により取付できない場合もあります。その場合でも給湯専用タイプでしたら大丈夫です。

太陽光発電に関するよくある質問

Q1設置するのにいくらかかりますか?
設置条件などによって費用は異なりますが、1kW当りの平均設置価格は50万円~60万円が目安となります。価格には自信をもっておりますので、ぜひ一度ご相談ください。
Q2新築時でなくても設置できますか?
新築時はもちろん、現在お住まいになっている住宅にも設置することができます。
ただし、稀に設置できない場合もありますので、ご相談ください。
Q3太陽光発電を設置できる屋根は南向きだけでしょうか?
南向きの屋根だけとは限りません。発電量に差がでてきますが、東向きの場合でも、西向きの場合でも設置は可能です。
Q4どんな屋根でも設置できるのでしょうか?
大部分の屋根に設置可能ですので、せひお気軽にご相談ください。ただし、屋根勾配によっては施工の際、足場を設置させていただく必要があります(別途費用がかかります)。
また屋根材の種類により、設置できない場合もあります。
Q5システムの大きさはどのように決めるのですか?
ご家庭の電気使用量と同程度の発電能力がある機種と、屋根面積を調整し、ご予算に合わせてお客様に最適なシステムを提案いたします。
Q6メーカーを選ぶことはできますか?
弊社では、パナソニック、三菱電機のシステムをおすすめしています。
特に発電性能の高いパナソニックのHITシリーズをおすすめしております。
パナソニックと他メーカーとの発電性能の比較動画がありますので、ご覧ください。
Q7夜はどのように発電するのでしょうか?
夜間は発電は行わず、電力会社からの電力を利用することになります。
Q8曇りや雨の日は、電気が使えなくなるのでしょうか?
発電量が少なくなる曇りや雨の日は、不足分の電気を電力会社から買って使うことになります。ですから天候によって電気が使えなくなることはありません。
Q9停電の時はどうなりますか?
晴天の昼間であれば、専用コンセントから最大1,500w(100v/15A)まで使用できます。なお、発電量は天候により変動し、使用している機器の負荷よりも発電量が少ないときは運転を停止します。
Q10発電した電気を貯めておく事はできますか?
蓄電池を併用すれば夜間でも使えますが、蓄電池はコストが高く殆ど普及していません。蓄電ロスなどでせっかく発電した電気を消失させるよりは、電力会社に売電するほうがロスもなく、効率的であるといえます。
Q11太陽光発電システムの操作は?
全て自動運転で操作は一切不要です。太陽電池に日が当たると運転を開始し、日が当たらなくなったら運転を停止します。なお、リモコンは運転状況・発電量・環境貢献モニター等の確認用として利用します。
Q12メンテナンスは?
太陽電池モジュールは耐久性に優れており、モジュールを取り付ける部材なども含めて、長期にわたり特別なメンテナンスの必要はありません。
Q13機器の寿命は?
太陽光発電システムには、駆動部分がないので、他の発電システムに比べて寿命が長いのが特徴です。太陽電池モジュールは20年以上、パワーコンディショナは10~15年と言われています。
  • エコキュート
  • 太陽光発電システム
  • リンク集
  • プライバシーポリシー
Facebookページ
Panasonic リフォームClub
  • Panasonic リフォームClubは、独立・自営の会社が運営しています。
  • 工事請負契約は、お客様とPanasonic リフォームClub運営会社との間で行われます。